暑中見舞いのマナーについて

夏の挨拶、暑中見舞いや残暑見舞いのマナーをご存知でしょうか。
暑中見舞いや残暑見舞いは、日頃なかなか会えない人への季節の挨拶状です。
まず暑中見舞いを送る時期は、一般的には梅雨が明けてから立秋前(8月7日頃)までで、残暑見舞いを送る時期は、立秋から8月いっぱいまでと言われています。
立秋は年によって異なります。
書き方としては、冒頭の挨拶の暑中お見舞い申し上げますや残暑お見舞い申し上げますなどの決まり文句をやや大きめに書きます。
そのあと、時候の挨拶や先方の安否を気づかう言葉を書きます。
近況報告、お礼、お知らせなどに続き、終わりの言葉と日付けを書くのが慣例です。
お中元をもらったのでお礼を書きたい場合や、結婚、出産、引っ越しをしたことを報告したい場合に、このような季節の挨拶状を出す方が多いようです。
普段出すことが少ない挨拶状だからこそ、きちんとマナーを守り出したいものです。
昔から伝わる日本の伝統のマナーを大切にしましょう。

none

最新記事

  • 暑中見舞いは暑い季節に相手の安否を気遣い、また自らの体調や状況などを報告するための季節はがきです。< …

    詳細はコチラから!

  • 暑中見舞いとは、厳しい暑さの中で過ごしている健康への気遣い、自身の近況報告をする季節の挨拶状です。< …

    詳細はコチラから!

  • 暑中見舞い・残暑見舞いとは、お世話になっている方への安否伺いや自分の近況を報告する季節の挨拶状です。 …

    詳細はコチラから!