暑中見舞いのマナーについて

暑中見舞い・残暑見舞いとは、お世話になっている方への安否伺いや自分の近況を報告する季節の挨拶状です。
送る時期は、年賀状のように特に厳密な決まりはありません。
一般的に暑中見舞いは梅雨明けから8月7日の立秋頃まで、残暑見舞いは8月8日の立秋から8月末頃までに送るのがマナーといわれています。
また相手が喪中の場合年賀状のやりとりはしませんが、暑中見舞いの場合は季節のお見舞いという意味合いの挨拶状なので、お祝い事ではないことから喪中であってもマナー違反ではないという考え方が一般的です。
文面についても特に決まりはありません。
基本的には、季節の挨拶・先方の安否を尋ねる挨拶・自分の近況・先方の無事を祈る挨拶・日付などといった内容で構成します。
相手の健康を気遣うとともに自分の近況を報告するはがきではありますが、自分の近況ばかりを書いたり季節感を無視した内容にならないように注意しましょう。
私製はがきや絵葉書などを利用して季節感や清涼感を演出すると喜ばれるのではないでしょうか。