暑中見舞いの間違いやすいマナーについて

暑中見舞いは暑い季節に相手の安否を気遣い、また自らの体調や状況などを報告するための季節はがきです。
年賀状ほど堅苦しいものではありませんが、やはりマナーというものがつきものです。
また間違いやすいマナーというものも多くそれらを紹介していきたいと思います。
よく暑中見舞いと残暑見舞いを出すタイミングを間違う人もいます。
暑中見舞いだから暑い時期ならいつでも良いのではないかと思われがちですが実際は梅雨の入りから立秋の頃までとなります。
立秋以降から8月の末までに送るものについては残暑見舞いとして扱われるので注意が必要となります。
また、自分サイドの近況ばかりを書くのではなく、相手の近況を気遣うようにしましょう。
季節感を無視してつらつらと書くのもよくありません。
文章は簡潔に、あっさりとした雰囲気で書くようにしましょう。
印刷はがきで送る場合は、手書きで一言添えるようにしてください。
たとえ送る枚数が多くて書くのが疲れるとしても絶対に一言でも良いので書くようにしてください