相手を気遣う暑中見舞いマナー

暑中見舞いとは、厳しい暑さの中で過ごしている健康への気遣い、自身の近況報告をする季節の挨拶状です。
ご無沙汰のお詫びや相手の近況を伺う役割を果たします。
年賀状の様な決まりごとがあまりないので、相手に気軽に送ることができます。
暑中見舞いは、必ず出さなくてはいけないと言うものではありません。
あまり会う機会がない、友人や知人などに「暑さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか」と、相手を気遣うものです。
期間は、梅雨明け頃の7月22日(大暑)~8月7日(立秋)までの間に出します。
文面の書き方としては、特に厳密な決まりごとはなく、「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語も不要です。
季節感のある夏らしい文章になるように心がけて書きましょう。
基本構成は、暑中お見舞いという言葉が入っていること、時候の挨拶、相手の健康を気遣う文章、自分の近況報告、年号と月を書きます。
夏らしい絵柄も描かれていれば、相手にとても喜ばれます。
マナーを守って、大切な方へ暑中見舞いを贈りましょう。