暑中見舞いのマナーについて

私はいつも夏になりますと暑中見舞いの書き方や送るタイミングに悩みます。
そこで暑中見舞いのマナーについて色々と調べてみました。
まず文章は、暑中を見舞う内容であることが相手に伝わるようにしなければなりません。
暑い夏を健康に過ごしているのかどうかという安否を相手に尋ね、そして自分の安否も知らせる文章を入れることが好ましいです。
ですから例えば「暑い日が続きますが体調など崩されていませんでしょうか。
私は元気に過ごしております。
」といった文章が最適です。
またハガキでも手紙でも、どちらを用いても問題ありません。
暑中見舞いを送るタイミングとしましては、梅雨明けになってから立秋を過ぎる前までがベストです。
もしもこの期間中に間に合わなかった場合は、残暑見舞いとして送ることもできます。
この場合は「残暑が厳しいですが、いかがお過ごしでしょうか。
」といったように、文章を少し変えることで応用することもできます。
それほど難しいしきたりはありませんので、ぜひ気軽に知人などに送ってみて下さい。